Ranking Link投票!    アメリカ留学の質問BBS


アメリカ留学ランキング

2019年10月21日

PERM

外国人を雇用する時は労働省にPermanent labor certification(PERM)を申請します。
@その職種の地域における平均賃金以上である事が必要。
A地域で流通している新聞の日曜版に2回求人広告を出す。
B申請者の勤務地となる職場に10営業日連続で、雇用情報を掲示する。
C州の職業安定所にジョブオーダーを出す。

DForm ETA 9089を労働省にオンラインで提出します。
Eこの申請書類を提出した日がPriority Dateとなります。ビザはこの順番で割り当てられます。
FForm ETA 9089の審査中に労働省が監査措置を取る場合が有ります。監査用に要求した書類を30日以内に提出するように雇用主に通知が来ます。監査用の書類が届けば審査は進められます。期限内に書類を提出しなかった場合にはForm ETA 9089が却下されます。
G審査が通ると労働省から労働認定証 (Certified Form ETA 9089) が発行されます。
H労働認定証の有効期間内 (発行日から180日以内) に、雇用主はForm I-140と付随する証拠書類をUSCISに提出しなければなりません。
I追加費用でPremium Processingという特急申請のオプションがあります。Form I-140の申請書類が受理された日から15日以内に手続きされ手続きにかかる期間を大幅に短縮することができます。

EB−2、EB−3の申請するカテゴリーがcurrentかPriority Dateより後の日付になるとI−485が提出できます。
posted by 留学 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PERM