Ranking Link投票!    アメリカ留学の質問BBS


アメリカ留学ランキング

2019年10月23日

恩赦による永住権

1986年11月6日にレーガン大統領が移民法案に署名して新移民法が成立しました。

新移民法によって恩赦が実施されました。
1982年1月1日以前から不法滞在している外国人が対象です。
恩赦の手続:
1987年5月5日から1年以内に合法化センターに名乗り出て暫定永住権とEADを申請します。
暫定永住権を取得してから1年半たってから1年以内に正式な永住権を申請します。

登録による永住権
1948年6月30日以前から不法滞在している外国人がI−485とG−325Aで申請できました。
移民法改正により1972年1月1日以前に改正されたのでグアムに不法滞在している外国人も申請が可能になりました。暫定永住者を経ずに最初から永住者になります。

送還停止による永住権
第一
@過去7年間1度もアメリカ国外に出た事がなく、継続してアメリカに滞在している事
Aその7年間は品行方正で会った事
Bアメリカから送還されると、その本人又はアメリカ市民や永住者の親、配偶者、子供にとって極度な困難をきす事

第二
@単に密入国や不法滞在だけでなく、もっと重大な送還の原因となるような行為を犯してから10年間1度もアメリカ国外に出た事がなく、継続的にアメリカに滞在している事
Aその10年間は品行方正であった事
Bアメリカから送還されると、その本人又はアメリカ市民や永住者の親、配偶者、子供にとって極度な困難をきす事
posted by 留学 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 恩赦による永住権